1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. スリッパ
  4. スリッパ
  5. スリッパ ビニール リニューアル新合皮 拭ける ソフトスリッパGT-009 M/L
【新品本物】 2022年のクリスマスの特別な衣装 スリッパ ビニール リニューアル新合皮 拭ける ソフトスリッパGT-009 M L baer-architecture.fr baer-architecture.fr

スリッパ ビニール リニューアル新合皮 拭ける ソフトスリッパGT-009 M/L

495円

スリッパ ビニール リニューアル新合皮 拭ける ソフトスリッパGT-009 M/L

より強度とカラバリを求めて合皮製のスリッパを作りました。万人の足にフィットするソフトな履き心地。
光沢のある合成皮革GT-009を使っています。
よくある”吊りこみスリッパ”などとは違い、どなたの足でもピッタリフィットする不思議なしっとりスリッパです。

■色/レッド・ブラック・アイボリー・ブラウン
■素材/GT-009 合成皮革(ポリウレタン100%)
■サイズ/M(24.5cm程度まで)L(26.5cm程度まで)
■型/DPカット甲
■底材/ビニール黒
■生産国/日本

※こちらの商品は”甲袋返し製法”によって作られております。
そのため甲の部分に多少のシワ・ヨレがでる品もございます。
ご了承下さいませ。
※大量注文承ります。
お時間がかかりますので前もってお問い合わせ下さい。















スリッパ ビニール リニューアル新合皮 拭ける ソフトスリッパGT-009 M/L

コモライフ スーツケース素材のおしゃれポーチ サックス ショルダー・手持ちの2way ストラップ付 小物入れ 旅◆らくらく服薬ゼリーチアパック 200g【5個セット】ブル アンド ブル Bull&Bull モックネック半袖プルオーバー レディス野菜の種/種子 ゴルゴ・バルバビエートラ・イタリア野菜 80粒 (メール便発送)送料無料 [有村屋] さつまあげ 真空包装さつま揚げごぼう天 3枚入×3Pセット/つけあげ/練り物/鹿児島県/産地/お取り寄せ/肴/おつまみ/おでん/かまぼこ/ごぼうフィドラ FIDRA ストレッチ リバーシブルジャケットJOOLA(ヨーラ) アレグロ クロ 2.2 mm (ラージ表ソフト) 卓球 ラバー 71358【あわせ買い2999円以上で送料無料】日進医療器 エルモ キズ洗浄消毒液 80ml医薬部外品・キズ・消毒とうふ おぼろ豆腐 太子食品 国産大豆使用 豆乳入り たれ付 タレ タイシリングスター ミスターツールバッグMB−3ブラック/ブルー (1個) 品番:MB-3-BK/Bタムラ ルテイン&ブルーベリー クリアに 紫外線予防 ビタミンA DHA ビタミンE 亜鉛酵母 アイブライト メグスリノキ エビスグサブルーベリー スイートハート 接木5号 1本(入荷予定:2021年10月下旬頃)シックスエイトシックス ウェア パンツ 21-22 686 GORE-TEX GT PANT Putty M1W202 スノーボード ゴアテックス 日本正規品(DRESS)ロッドホルダー ライト レッド【ポイント10倍】ガラスビーカー 50ml 生活の木【あわせ買い2999円以上で送料無料】フレッシュパワー消臭力 プラグタイプ つけかえ用 やわらかなホワイトフローラルの香り 20mlヨネックス オーバルシューレース AC570 テニス 小物 YONEXスズメバチエアゾール 480ml 住友化学園芸 速効ジェット 殺虫剤となりのトトロ 花のバス停 トイレマットと温水洗浄・暖房便座用フタカバーのセット

バルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum




今朝のルセナは晴れのち雨





早朝晴れたが突然雲って雨が降る

ここのところ晴天続きで暑い日が続いたが

ようやく雨季らしい空になる

午前9時の気温28度


妻が焼いたチーズケーキを食べる





冷えたチーズケーキと無糖アイスコーヒー

暑い時はこの組み合わせが一番よい





さて、、





庭ではバルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum が咲く







バルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum

これもまたこの地に自生する着生蘭

花茎の先に対になって咲く細長い花の長さは7~8㎝

花には軽い腐臭あり









このバルボフィラム ゲミナタムは今年2月に蘭園から届いた株

3~4月は花が咲かなかったが5月に入ってから開花が始まり

その後も新しい花茎が伸びて次々と花を咲かせ続けている







咲きだしたら止まらないバルボフィラム ゲミナタ

いつまで咲き続けるのであろうか?

原種蘭の楽しみはまだまだ続く、、
スポンサーサイト



アリ植物の種子を蒔く




今日のルセナは晴れ





庭ではデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum が咲く

午前10時の気温31度


先月24日に植えた田んぼの苗も順調に育つ





今年も台風被害が無いと良いのであるが、、





さて、、





先月蘭園から届いたアリ植物

鉢植えは場所をとるので庭木やドリップウッドに釣り糸で縛り付けてある




↑ ミルメフィツム ベッカリー Myrmephytum beccarii


水分が足りないせいか下葉が黄色くなって少し葉が落ちるが

それでも小さな青い花を次々と咲かせて赤い実を付ける











この赤い実

面白そうなので種子を採って蒔いてみることにした




↑ ミルメフィツム ベッカリー Myrmephytum beccarii の結実した実


この長さ2㎝ほどの細長い赤い実は柔らかく

実を指で軽く押すと実の下側から中の実と種子が飛びだして来る









ひとつの実に入っている種子は4~6粒

この時は8つの実から42粒の種子が採れた







アリ植物の種子蒔きをネットで検索すると

種子に付いた果肉は取っても取らなくても良いようであるが

初めてなので種子に付いた果肉はキッチンペーパーで軽く拭き取った







種子蒔きに使うのはタッパー容器に詰めた湿ったココピート

ココピートは十分に水を吸水させ

タッパー容器の底には排水用の穴をいくつか開けてある







小さな種子をピンセットを使ってココピートの上に乗せていく







種子はココピートの上に乗せたまま露出していても良いようであるが

乾燥を防ぐために軽く種の上に湿ったココピートを被せて水を噴霧する




↑ 2022年5月17日


種子を蒔いたタッパー容器は蓋をせずにテラスの明るい日陰に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧した


1週間後タッパー容器内を見ると

ぽつぽつと発芽した緑色のものが見えている




↑ 2022年5月24日


↑ 2022年5月24日


種子を蒔いたココピートの上に所々白い菌が繁殖していたので

ピンセットを使い白い菌の繁殖した場所の種子は取り除くことにした




↑ 2022年5月24日


その後もタッパー容器はテラスの明るい日陰に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧し

そして種子を蒔いてから1ヵ月が経過した




↑ 2022年6月16日


種子を42粒蒔いて発芽したのは23粒




↑ 2022年6月16日


背丈は約1㎝

小さいながらも下部はふっくらと膨らんでいる




↑ 2022年6月16日



同じ様にして

ミルメコディア ツベローサ Myrmecodia tuberosa の種子も蒔いた






↑ ミルメコディア ツベローサ Myrmecodia tuberosa の種子


タッパー容器に詰めた湿らせたココピートに種子を蒔く






↑ 2022年5月16日


種子は6粒蒔いた

タッパー容器は蓋をせずテラスの明るい日影に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧して1ヵ月経過した




↑ 2022年6月16日


↑ 2022年6月16日


背丈は約1㎝

種子を6粒蒔いて6粒とも発芽した


ミルメコディア ツベローサとミルメフィツム ベッカリーを比べてみると

種子蒔き後同じ1ヵ月でも発芽後の成長はミルメコディア ツベローサの方が良い




↑ 左側ミルメコディア ツベローサ 右側ミルメフィツム ベッカリー


この成長の差は種類によるものなのか?

それとも種子を蒔いた数によるものなのかは不明であるが

初めてのアリ植物の種子蒔きはなかなか面白いものであった


さあ、、

これからどのようにして成長していくのであろうか?

アリ植物の楽しみは続く、、

トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina 咲く




今朝のルセナは晴れ





今年4~5月の乾季は雨が多かったが

6月に入り雨少なく乾季の戻りの様な暑い日が続く

午前7時の気温29度





義弟が実家の庭のぶどう棚の剪定をするというので

妻がぶどうの付いた枝を貰ってくる





味はともかくとして

南国の庭でもぶどう狩りができるのは面白い





さて、、





庭ではトリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina が咲く







トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina

これもまたこの地に自生する着生蘭









短毛に覆われた花のサイズは1㎝

緑色の苞の付いた花は葉裏に垂れ下がる花茎に咲く







この開花した株は先月蘭園から届いた株

トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina P150ペソ




↑株表側 並べてあるのは30㎝定規



↑株裏側 並べてあるのは30㎝定規


茎も葉もすべてが短毛に覆われている









葉裏も短毛に覆われ

葉裏に見える花茎も全て短毛に覆われる











凄いね~

苞も花も短毛に覆われたこの姿、、











面白いね~ この不気味な感じ、、

しかし、なぜ茎から花から全てが短毛に覆われる必要があるのだろうか?










原種蘭は興味が尽きることが無い、、


トリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea 咲く




今日のルセナは晴れ





昨夜ひと雨降る

今日は朝からじっとりとした蒸し暑さ、、

午前9時の気温31度





畑へ出掛けた妻が実家の庭に生っていたグヤバノを採って来る





乳酸品のような酸味とさっぱりした甘さのグヤバノ

蒸し暑い日に食べる冷やしたグヤバノほど美味しいフルーツもないであろうね








さて、、





庭ではトリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea が咲く







トリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea

これもまたこの地に自生する着生蘭







斑点模様が入るクリーム色の花のサイズは約1㎝

花には微香あり







美しいね~

リップの淡い紫色、、







下垂させた茎の節々に花を咲かせるトリコグロッティス ロセア

木漏れ日に揺れて咲くその姿は美しいのである



ビカクシダ Platycerium coronarium の胞子採取




今日のルセナは晴れ


敷パッド シングル 冷感 シンカーパイル S(A)


明け方雷鳴響くが雨降らず

今日は気圧の変化が激しいのか体がだるい、、

お昼の気温33度


早朝の庭では頭上でナンヨウショウビンが騒がしく鳴く








さて、、





昨日の午後

庭のビカクシダ(Platycerium coronarium)の胞子嚢(ほうしのう)を採取する




↑ Platycerium coronarium 胞子嚢の表側



↑ Platycerium coronarium 胞子嚢の裏側


採取した椀状の胞子嚢のサイズは約14cm

今まで庭で採取した胞子嚢の中では一番大きいものである







採取したタイミングも良く

胞子嚢の裏側に2㎝ほどの割れが入っただけの状態であり胞子はほぼ全てが残っている







今朝は風もなかったので

早速この胞子嚢から胞子を採ることにした







ピンセットの先を胞子嚢の裏側に軽く刺すと胞子の塊がぽろぽろと剥がれ落ちる







↑ Platycerium coronarium の胞子


この胞子嚢から胞子の塊を剥がし取る作業はなかなか面白い







採取した胞子は蓋付きのタッパー容器に入れて保管する



molten(モルテン) バレーボール リベロ用ゲームベスト (蛍光オレンジ) GB0013-LO


今回はタイミングよく胞子のほぼ全てを採取することができた

Pagination

Utility

プロフィール

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

Click !!




Click !!


QRコード