1. ホーム
  2. コスメ、美容、ヘアケア
  3. ボディケア
  4. ボディソープ
  5. SHIRO (シロ) サボン ボディソープ 280ml【メール便は使えません】
最大70%オフ! 店 SHIRO シロ サボン ボディソープ 280ml メール便は使えません baer-architecture.fr baer-architecture.fr

SHIRO (シロ) サボン ボディソープ 280ml【メール便は使えません】

1056円

SHIRO (シロ) サボン ボディソープ 280ml【メール便は使えません】

肌に潤いを与えながら、しっとりと洗い上げる石けんベースのボディソープ★

生命力あふれる小豆島の無農薬オリーブを配合。
肌に潤いを与えながらしっとりと洗い上げます。

泡立ちと泡切れにこだわったなめらかな使用感で、泡が肌をやさしく包み込みます。
ボディミルクと一緒にお使いいただくと、さらに奥ゆきのある心地よい香りを楽しめます♪

【使用方法】
使い始めはストッパーを外して、中身が出るまで数回カラ押ししてください。
お湯を含ませたスポンジ等に適量をとり、泡立ててお使いください。

●香り:みずみずしいフルーツがかろやかに香る透明感のある自然な石けんの香り
●内容量:280ml

SHIRO (シロ) サボン ボディソープ 280ml【メール便は使えません】

奄美自然食本舗 奄美瀬戸内純黒糖 300g原液用スポイト メール便と同梱で送料無料アマノフーズ フリーズドライ味噌汁 いつものおみそ汁 ごぼう 9g×10食セットディアナチュラ 黒セサミン 60粒 (30日)缶詰 KK 缶つま うにのコンソメジュレ 国分グループ本社 1個グリーンベル EC-40部分用アイラッシュカーラーヨコオデイリーフーズ タレ付きレバ刺しこんにゃく170g×12個山崎産業 コンドル ニュー除電払い ミニ P(ピンク) 清掃用品 FU767-000X-MB-P香水 ジョーマローン JO MALONE ヴェルベットローズ&ウード コロンインテンス 1.5ml アトマイザー お試し ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】【26】ジェックス OSOTOバギー quatre キャトル アクアブルー送料無料 オイルサバディン 10缶セット 駿河燻鯖 コットンシードオイル 綿実油 缶詰 静岡県 かねはち おつまみ ギフト 鯖缶 OIL SABADINES あすつく 人気ONEバルーン グラデーション シンプル デザインから製作までオリジナルの手作りバルーンギフト 名入り メッセージ入り 開店 周年 お祝い 大人MIZUNO(ミズノ) スイムキャップ 水泳帽 競泳 メッシュ N2JW8021 M~Lサイズ鹿児島県産 ごぼう茶 100g 【メール便専用品】【送料無料】 桜島溶岩焙煎 [01]Kirschbaum(キルシュバウム) Super Smash (スーパースマッシュ) ロール 1.30mmメロン キスミーメロン 3〜5玉 5kg箱満杯詰め JAほこた 2L〜4Lサイズおまかせ 青肉 優以上 ギフト 茨城県産 常温便 同梱不可 指定日不可収納ボックス 収納ケース オープンボックス 収納チェスト 1段 収納ラック(ロッキンポッド L) プラスチック収納 JEJアステージ 幅60cm奥行43.1cm高さ31cmNorton ノートン 360 インターネット セキュリティ (3年/3台用)【ダウンロード版】Windows版ナイアード ヘナ+木藍 黒茶系 徳用 400g(100g×4袋)白髪染め

バルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum




今朝のルセナは晴れのち雨





早朝晴れたが突然雲って雨が降る

ここのところ晴天続きで暑い日が続いたが

ようやく雨季らしい空になる

午前9時の気温28度


妻が焼いたチーズケーキを食べる





冷えたチーズケーキと無糖アイスコーヒー

暑い時はこの組み合わせが一番よい





さて、、





庭ではバルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum が咲く







バルボフィラム ゲミナタム Bulbophyllum geminatum

これもまたこの地に自生する着生蘭

花茎の先に対になって咲く細長い花の長さは7~8㎝

花には軽い腐臭あり









このバルボフィラム ゲミナタムは今年2月に蘭園から届いた株

3~4月は花が咲かなかったが5月に入ってから開花が始まり

その後も新しい花茎が伸びて次々と花を咲かせ続けている







咲きだしたら止まらないバルボフィラム ゲミナタ

いつまで咲き続けるのであろうか?

原種蘭の楽しみはまだまだ続く、、
スポンサーサイト



アリ植物の種子を蒔く




今日のルセナは晴れ





庭ではデンドロビウム アフィラム Dendrobium aphyllum が咲く

午前10時の気温31度


先月24日に植えた田んぼの苗も順調に育つ





今年も台風被害が無いと良いのであるが、、





さて、、





先月蘭園から届いたアリ植物

鉢植えは場所をとるので庭木やドリップウッドに釣り糸で縛り付けてある




↑ ミルメフィツム ベッカリー Myrmephytum beccarii


水分が足りないせいか下葉が黄色くなって少し葉が落ちるが

それでも小さな青い花を次々と咲かせて赤い実を付ける











この赤い実

面白そうなので種子を採って蒔いてみることにした




↑ ミルメフィツム ベッカリー Myrmephytum beccarii の結実した実


この長さ2㎝ほどの細長い赤い実は柔らかく

実を指で軽く押すと実の下側から中の実と種子が飛びだして来る









ひとつの実に入っている種子は4~6粒

この時は8つの実から42粒の種子が採れた







アリ植物の種子蒔きをネットで検索すると

種子に付いた果肉は取っても取らなくても良いようであるが

初めてなので種子に付いた果肉はキッチンペーパーで軽く拭き取った







種子蒔きに使うのはタッパー容器に詰めた湿ったココピート

ココピートは十分に水を吸水させ

タッパー容器の底には排水用の穴をいくつか開けてある







小さな種子をピンセットを使ってココピートの上に乗せていく







種子はココピートの上に乗せたまま露出していても良いようであるが

乾燥を防ぐために軽く種の上に湿ったココピートを被せて水を噴霧する




↑ 2022年5月17日


種子を蒔いたタッパー容器は蓋をせずにテラスの明るい日陰に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧した


1週間後タッパー容器内を見ると

ぽつぽつと発芽した緑色のものが見えている




↑ 2022年5月24日


↑ 2022年5月24日


種子を蒔いたココピートの上に所々白い菌が繁殖していたので

ピンセットを使い白い菌の繁殖した場所の種子は取り除くことにした




↑ 2022年5月24日


その後もタッパー容器はテラスの明るい日陰に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧し

そして種子を蒔いてから1ヵ月が経過した




↑ 2022年6月16日


種子を42粒蒔いて発芽したのは23粒




↑ 2022年6月16日


背丈は約1㎝

小さいながらも下部はふっくらと膨らんでいる




↑ 2022年6月16日



同じ様にして

ミルメコディア ツベローサ Myrmecodia tuberosa の種子も蒔いた






↑ ミルメコディア ツベローサ Myrmecodia tuberosa の種子


タッパー容器に詰めた湿らせたココピートに種子を蒔く






↑ 2022年5月16日


種子は6粒蒔いた

タッパー容器は蓋をせずテラスの明るい日影に置き

ココピートの表面が乾かない程度に時々水を噴霧して1ヵ月経過した




↑ 2022年6月16日


↑ 2022年6月16日


背丈は約1㎝

種子を6粒蒔いて6粒とも発芽した


ミルメコディア ツベローサとミルメフィツム ベッカリーを比べてみると

種子蒔き後同じ1ヵ月でも発芽後の成長はミルメコディア ツベローサの方が良い




↑ 左側ミルメコディア ツベローサ 右側ミルメフィツム ベッカリー


この成長の差は種類によるものなのか?

それとも種子を蒔いた数によるものなのかは不明であるが

初めてのアリ植物の種子蒔きはなかなか面白いものであった


さあ、、

これからどのようにして成長していくのであろうか?

アリ植物の楽しみは続く、、

トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina 咲く




今朝のルセナは晴れ





今年4~5月の乾季は雨が多かったが

6月に入り雨少なく乾季の戻りの様な暑い日が続く

午前7時の気温29度





義弟が実家の庭のぶどう棚の剪定をするというので

妻がぶどうの付いた枝を貰ってくる





味はともかくとして

南国の庭でもぶどう狩りができるのは面白い





さて、、





庭ではトリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina が咲く







トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina

これもまたこの地に自生する着生蘭









短毛に覆われた花のサイズは1㎝

緑色の苞の付いた花は葉裏に垂れ下がる花茎に咲く







この開花した株は先月蘭園から届いた株

トリコトシア ブルピナ Trichotosia vulpina P150ペソ




↑株表側 並べてあるのは30㎝定規



↑株裏側 並べてあるのは30㎝定規


茎も葉もすべてが短毛に覆われている









葉裏も短毛に覆われ

葉裏に見える花茎も全て短毛に覆われる











凄いね~

苞も花も短毛に覆われたこの姿、、











面白いね~ この不気味な感じ、、

しかし、なぜ茎から花から全てが短毛に覆われる必要があるのだろうか?










原種蘭は興味が尽きることが無い、、


トリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea 咲く




今日のルセナは晴れ





昨夜ひと雨降る

今日は朝からじっとりとした蒸し暑さ、、

午前9時の気温31度





畑へ出掛けた妻が実家の庭に生っていたグヤバノを採って来る





乳酸品のような酸味とさっぱりした甘さのグヤバノ

蒸し暑い日に食べる冷やしたグヤバノほど美味しいフルーツもないであろうね








さて、、





庭ではトリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea が咲く







トリコグロッティス ロセア Trichoglottis rosea

これもまたこの地に自生する着生蘭







斑点模様が入るクリーム色の花のサイズは約1㎝

花には微香あり







美しいね~

リップの淡い紫色、、







下垂させた茎の節々に花を咲かせるトリコグロッティス ロセア

木漏れ日に揺れて咲くその姿は美しいのである



ビカクシダ Platycerium coronarium の胞子採取




今日のルセナは晴れ


クロッツ やわらか湯たんぽ 座ぶとんタイプ (立ち上がり付) ネイビー×レッド


明け方雷鳴響くが雨降らず

今日は気圧の変化が激しいのか体がだるい、、

お昼の気温33度


早朝の庭では頭上でナンヨウショウビンが騒がしく鳴く








さて、、





昨日の午後

庭のビカクシダ(Platycerium coronarium)の胞子嚢(ほうしのう)を採取する




↑ Platycerium coronarium 胞子嚢の表側



↑ Platycerium coronarium 胞子嚢の裏側


採取した椀状の胞子嚢のサイズは約14cm

今まで庭で採取した胞子嚢の中では一番大きいものである







採取したタイミングも良く

胞子嚢の裏側に2㎝ほどの割れが入っただけの状態であり胞子はほぼ全てが残っている







今朝は風もなかったので

早速この胞子嚢から胞子を採ることにした







ピンセットの先を胞子嚢の裏側に軽く刺すと胞子の塊がぽろぽろと剥がれ落ちる







↑ Platycerium coronarium の胞子


この胞子嚢から胞子の塊を剥がし取る作業はなかなか面白い







採取した胞子は蓋付きのタッパー容器に入れて保管する



ダイワ ライトトランクα SU2400Iブルー


今回はタイミングよく胞子のほぼ全てを採取することができた

Pagination

Utility

プロフィール

Author:隠居
フィリピンの庭で咲いている花日記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

Click !!




Click !!


QRコード