1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. 洗濯用品
  4. 物干し竿、ロープ
  5. 物干し 室内 ワンタッチ物干しポール  TMH-2 【 物干し 突っ張り もの干し ものほし 】
ファッションの 全品送料0円 物干し 室内 ワンタッチ物干しポール TMH-2 突っ張り もの干し ものほし baer-architecture.fr baer-architecture.fr

物干し 室内 ワンタッチ物干しポール  TMH-2 【 物干し 突っ張り もの干し ものほし 】

910円

物干し 室内 ワンタッチ物干しポール  TMH-2 【 物干し 突っ張り もの干し ものほし 】

バネ圧着式なのでワンタッチで取り付け!
取り外しが簡単!しかも工具不要!!
女性でも簡単に取付られます♪

直径10cmの大型キャップ採用でしかも2段バネ内蔵パイプなので
突ぱり安定性抜群。
突ぱる力(バネの力)を調整できる。
ハンガーアームは360°回転自在。折りたたみができる。
1つのハンガーアームに最大12本のハンガーが掛けられます。
(ハンガー穴11個+フック付き×2本=24本)
大型角ハンガーも掛けることができます。
ハンガーアームはワンタッチで折りたたみ可能なので
収納時に場所をとりません。

色調


形状
組み立て式

形態
ハンガー長さ約39cm
取り付け高さ210〜280cm
奥行き約78cm

耐荷重
全体で10kg(ハンガー1本当たり5kgまで)

重量
1.5kg





物干し 室内 ワンタッチ物干しポール  TMH-2 【 物干し 突っ張り もの干し ものほし 】

(2ケースセット) ブイ・クレス CP10 ミックスフルーツ 125ml×30本/箱×2 計60本 ニュートリー (送料無料 ※北海道・沖縄除く)【在庫あり・即納】セルフォンリンガ 〜電話だよ〜 万能電話・メール着信お知らせ装置 スマートフォン〜固定電話 充電機能付き【メール便選択可】ハンドタップ 中 HSS-E M6×1.0 T-H-HT-M6X1.0-2Homein ステンドグラスシール 窓ガラス 目隠しシート おしゃれ窓フィルム 装飾 uvカツト 光に当たると虹色の輝メジカライナーメール便 送料無料 シード マンスリー ファインUV プラス (3枚入り) 4箱 1month 1ヶ月交換 SEED資生堂 2e ドゥーエ ベビー 泡ソープ 300mLプフ クッションチェア Shaggy Pouf Lサイズ ピンク スツール オットマン 腰掛け おしゃれ かわいい(PB)丸菱 プロセスダイスチーズ 8mm 1kg サイコロチーズ(冷蔵)ブラインド ブラインドカーテン アルミブラインド オーダー 「幅15〜60cm×高181〜200cm」 日本製 タチカワブラインド グループ 立川機工ターフスタジアム(ミラー) s4a 179/190ヘッド HEAD テニスバッグ・ケース Djokovic Backpack ジョコビッチバックパック 283302ecostore / ハンドウォッシュポンプ <レモングラス> 425mLカタギ 有機いりごま黒 70g×5個胡蝶蘭 お祝い 大輪 白 3本立ち50輪前後 ギフト お誕生日 開店祝 開業祝 新築祝ニッポンハム 本格派ギフトセット NK-52R ハムギフト ハム 肉ギフト 詰め合わせ お中元 御中元 中元 ギフト 夏ギフト日邦製菓 コーヒーキャラメル 1Kg熱中対策 シャツクール アロマフレグランス 100mL × 2個セット●ティムコ サイトマスター シーザーフリップ スクエアS (スーパーライトグレー) 【まとめ送料割】

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.