1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. 洗濯用品
  4. 布団干し
  5. アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1
高質 サービス アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1 baer-architecture.fr baer-architecture.fr

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1

1843円

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1

【商品名】
 アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1

【商品説明】
 ・質量:約191g
・耐熱温度:70℃以上
・対応布団乾燥機:アイリスオーヤマふとん乾燥機、カラリエハイパワーツインノズル
・ダニ対策に適した50℃以上の温風温め。
・商品サイズ(cm):幅約110×奥行約70×高さ約35

【サイズ】
 高さ : 3.60 cm
 横幅 : 17.00 cm
 奥行 : 28.80 cm
 重量 : 280.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。










アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 ダニ退治 カラリエ ダニ撃退ふとん乾燥袋 FK-DGB1

メジャークラフト(Major Craft) ジグパラヘッド ブン太(JIGPARA HEAD BUN太) JPBU-30g根魚ディンギーカヌー用に調整可能な2x1ペアアルミニウム合金取り外し可能カヤックパドル味の王 胡麻だれ 200gKingsie 香水 詰め替えノズル 20個セット アトマイザーボトル ディスペンサーポンプ スプレーボトル 転送ツール 香水補充用 補充ポンプ【第2類医薬品】大源製薬 エフゲン 60ml -みずむし・いんきんたむし・ぜにたむし- 【■■】【北海道・沖縄は別途送料必要】(4個セット)スコッティ フラワーパック 3倍長持ち トイレット12ロール 75mダブル(12ロールで36ロール分) 日本製紙クレシア (D) 2022 父の日 プレゼント花の種 ルピナス ラッセルミナレットミックス 約20粒 サカタのタネ(実咲200)M・U SPORTS MUスポーツ 703H1520 パターカバー ピンタイプ用ナカバヤシ アP-MYR-103-W ポケット替台紙 バインダー式10穴 2L判2弾 10枚 ホワイトランドリン 柔軟剤 クラシックフローラル 詰替え 480ml竹炭 5cmx3〜5cm カット15kg、実用サイズ、業務小分け用、調湿、吸着、インテリア6x空のスポイトボトル詰め替え可能なエッセンシャルオイル化粧品ジャー缶詰10ml◆低糖質カフェインレスカフェオレ 7本サンディスクType-C対応32GB【USBメモリSDDDC3-032G-G46 x2個セット】Type-C&USB A3.0両接続花王 ホワイトバスサイズ3コパック390g/ ホワイト 固形石鹸テーオー食品 韓国料理用唐がらし 細挽き 1kg 韓国唐辛子hands+ セキュリティポーチ スキミング防止 ウエストポーチ ベージュ│旅行用防犯グッズ 貴重品入れ 東急ハンズ「ゆず」冷凍ストレート果汁1kgふるさと納税 奥州市産りんごと岩手県産野菜セット【10月お届け】[AQ015] 岩手県奥州市

イオン交換水とは?水質の特徴や、他の精製方法との違いをチェック!

実験や試験では純水や超純水が日常的に使われます。超純水には、電気の流れにくさを示す指標である比抵抗値が18.2 MΩ・cm(25℃)以上という一般的な基準があり…

純水とは?性質や使用用途、活用シーン、精製方法を徹底解説!

実験や試験で日常的に使う純水。実は一口に純水と言っても、精製方法や水質はさまざまです。 身近すぎて普段あまり意識することはないかもしれませんが、水は実験や試験…

英語の学会発表(プレゼン)で失敗しないためのコツ

英語講演という試練 学会での研究成果発表は、大学院生にとって研究生活の大きな山場と言えるでしょう。まして、それが国際学会における英語での発表となればなおさらで…

パナソニック ふとん乾燥機 マットタイプ シルキーシャンパン FD-F06J7-N

英語論文の読み方のコツとは?英語が苦手な理系研究者必見

大学の学部時代の成績と、研究者としての実力は、必ずしも比例しないとはよく言われることです。学科試験は抜群であったのに、研究室に配属されてからは伸び悩む人は、決し…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

超純水と硬水で抽出効率はこんなに違う!お茶・コーヒーの抽出で比較

水は、抽出などのサンプル前処理や器具の洗浄、ブランク水やサンプルの希釈などあらゆる場面で必要となるため、実験室で使わない日はないといっても過言ではないでしょう。…

HPLCやLC/MSに水質が及ぼす影響とは

水の規格とは 精度が求められる実験や試験、分析では、水質が結果に影響する場合があります。一般的に用いられる「純水」や「超純水」は、水道水に含まれる有機物や微粒…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

今いちど見直したい、純水や超純水による実験器具の洗浄

器具の洗浄には純水や超純水を使うことが重要 ライフサイエンスの実験や試験、分析では、水質が結果を左右することがあります。そのため、水道水に含まれる有機物や微粒…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

【初めての論文投稿⑩】投稿後からアクセプトまで

投稿後からアクセプトまでにやるべきこと 数々の難関をクリアし無事に論文を投稿し終えたら、ほっと一息。しかし、まだゴールではありません。投稿した後には、いったい…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

超遠心不要、細胞タンパク質を4つの画分に分けて抽出する方法

タンパク質抽出を効率的かつ円滑に行うツール プロテオミクスにおいて重要な課題の一つは複雑なタンパク質混合物の精製です。これは発現量の少ないタンパク質を検出可能…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

薬の反応をより確実に予測する3D培養

がん治療薬開発で注目される3D培養 抗がん剤の開発では、細胞や動物モデルを用いた前臨床研究で、ヒトに効くターゲットをいかに効率よく見出すかが課題となっています…

【初めての論文投稿⑤】伝わる図表の作り方

図表の質が論文掲載を左右する 図表は、論文において全体のメッセージを伝えるために欠かすことのできない要素のひとつです。単に実験データを示すだけのものではありま…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

【初めての論文投稿③】投稿するジャーナルの選び方

論文を書き始める前に投稿先を検討しよう 論文の投稿先選びは、ときに将来の進路を決めることもある重要なプロセスです。確認が不十分のまま執筆を始めてしまうと、大幅…

受容体拮抗薬を選ぶときの3つのポイント

拮抗薬の選択が実験の質を決める 生体内の受容体分子に作用して神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する受容体拮抗薬(アンタゴニスト)は、遮断薬や阻害剤とも呼ば…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

焼き菓子 はちみつバウム -キャラメリゼ仕立て- 6個入 竹沢製茶 ギフト 人気 お土産 誕生日 手土産 バウムクーヘン ミニバウム 蜂蜜

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

HPLCを行うときのアセトニトリルの選び方

リーマンショックが研究にも影響 有機合成の溶媒として、医薬、農薬、精密化学などで幅広く利用されるアセトニトリル。分析化学の分野では、高速液体クロマトグラフ(H…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

免疫沈降で注意してほしい5つのステップ

免疫沈降法とは 抗体‐抗原沈降法または免疫沈降法(IP)は、細胞や組織溶解液中の複合的タンパク質混合物から、特定の抗原を分離するために用いられます。この手法は…

結合組織の消化に生かされる、粗精製コラゲナーゼとは

コラーゲンを分解する酵素、コラゲナーゼ コラゲナーゼとは、タンパク質の一種であるコラーゲンを分解する酵素のことで、ライフサイエンス実験では、主に細胞を分散させ…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

プレプリント・サーバーとは 論文はネットで事前公開の時代に

論文が世に出るまで 研究者のみなさんならご存知の通り、一本の論文が公開されるまでには非常な手間ひまがかかっています。投稿された論文は、まずエディターが内容をチ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

細胞を生きたまま染色する新しい蛍光色素

理想的な蛍光色素を求めて 細胞や組織、動物が生きている状態で分子の動態を観察できる蛍光生体イメージング。観察する細胞や分子などを標識する蛍光色素の開発は、20…

免疫組織化学、免疫細胞化学における抗原賦活化の手法

免疫組織化学/免疫細胞化学と抗原賦活化 特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を免疫組織化学(IHC)と呼…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

【ブランドストーリー】研究者のための会社、シグマ アルドリッチの歴史

メルクの一員となったシグマ アルドリッチ社のすべて 2015年11月、シグマ アルドリッチ社がメルクの傘下に加わりました。同社は、世界40カ国に生産、研究開発…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

研究や医療で活用される酵素阻害剤とは

酵素阻害剤の重要性 酵素阻害剤は、生物学的プロセスの研究に用いられるほか、疾患を緩和する治療薬や、殺虫剤、農薬など様々な用途で活用されています。 この記事の…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体の仕組みと種類を理解しよう

まずは抗体について理解しましょう 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降大きく進歩し、ライフサイエンス研究の…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

蒸留水を製造するときのポイントと基礎知識

蒸留水の基礎 皆さんが日々研究で使用されている蒸留水。この記事では、改めてその基礎知識についておさらいして行きます。「そんなの知っている!」とあなどるなかれ。…

RNAi実験の基礎 shRNA レンチウイルスによるノックダウン

shRNAならより長期的に遺伝子をノックダウンできる RNAiによる遺伝子ノックダウンは遺伝子の機能を解析する強力なツールのひとつです。RNAiによるノックダ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

アガロースゲル電気泳動後のDNA抽出

アガロースゲルからのDNAの回収 電気泳動で分離したDNAをクローニングなどに使用するときは、DNAフラグメントをゲルから回収して抽出する必要があります。ゲル…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…